一般歯科|松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」

  • お電話でのご予約047-360-6481
  • 千葉県松戸市|診療予約|東葛デンタルオフィス

一般歯科

自然治癒しない虫歯は早期発見・早期治療を

自然治癒しない虫歯は早期発見・早期治療を

歯科でもっともポピュラーなトラブルの一つが「虫歯」です。虫歯になると、口腔内に生息する虫歯菌がお口に残った糖分から「酸」を生み出し、その酸によって歯が溶かされてしまいます。一度溶かされた歯質は、基本的に自然治癒することはありません。歯やお口に違和感があるなら、早めに歯科を受診し、早期発見・早期治療に努めましょう。こちらのページでは、千葉県松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」が虫歯の症状や治療法、知覚過敏についてご説明します。

虫歯はできるだけすぐに対処を

虫歯はできるだけすぐに対処を

進行した虫歯が自然治癒することはありませんので、虫歯に感染した歯を「削る」処置が必要になります。削った部分は歯科用プラスチックや銀歯などの詰め物・被せ物で補うことになりますが、接合面に隙間ができてしまうことも多く、そこから新たに虫歯を発症する可能性があります。これを「二次カリエス」といい、歯の寿命を縮める要因になっています。虫歯かもしれないと思ったら、なるべく早めに当院へご相談ください。早期に進行を食い止めることができれば、それだけ歯の寿命を長く維持することができます。

虫歯を放置するリスク

虫歯の痛みは、時間の経過とともに一時的に治まります。痛みがなくなったことで「治った」と勘違いする方も多いようですが、これは虫歯菌によって歯の神経が壊死してしまい、痛みを感じなくなっているだけ。この状態が進行すると、さらに深刻な問題が発生します。

歯質の喪失 激痛の再発 悪臭 感染の拡大
歯質の大部分が失われ、歯茎に埋まった歯根まで虫歯に冒されます。 歯根内部で炎症や膿が発生すると、再び激痛が起こります。治療時に麻酔が効きにくくなり、痛みが増す可能性があります。 神経が壊死したまま放置すると、歯根部に膿が溜まり、悪臭の原因になります。 周辺の歯に虫歯菌が感染し、虫歯の範囲が拡大します。

虫歯が進行すると抜歯せざるを得ない状況になり、歯を失う確率が高まります。また、歯を失ったままではしっかりと物を咀嚼することができません。顎の骨や筋肉が弱まったり消化器官に負担がかかるようになるなど、全身への影響もでてきます。歯の機能性を取り戻すために入れ歯(義歯)やブリッジ、インプラントといった処置が必要になります。治療に際し、時間も費用も痛みも増えることになりますので「虫歯かもしれない」と思ったら、早めに当院へご相談ください。

虫歯の症状と治療法

進行段階 症状 治療法
CO(初期虫歯) 歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白濁して見えますが痛みなどはありません。自覚症状がほとんどないため、自分では気づきにくい段階です。 フッ素塗布やミネラルを含む歯みがきペーストなどで再石灰化を促せば、治癒する可能性があります。
CO(初期虫歯)
C1(エナメル質の虫歯) 歯の表面のエナメル質がさらに溶け、表面が黒っぽく変色します。エナメル質の内側にある象牙質が露出し、刺激が神経に伝わりやすくなります。このため、冷たい物を口にするとしみることがありますが、まだ痛みはほとんどありません。 虫歯の部分を削る処置をします。削った跡には、白い歯科用プラスチック(レジン)を埋めます。
C1(エナメル質の虫歯)
C2(象牙質の虫歯) 象牙質まで虫歯が進行し、冷たい物だけでなく、甘い物を口にしてもしみるようになります。 痛みを感じるため、治療時に麻酔が必要になることもあります。C1と同じように、汚染された歯質を削り、詰め物を取りつけます。
C2(象牙質の虫歯)
C3(神経まで達した虫歯) 象牙質がさらに溶かされ、歯の内部の血管や神経の通る歯髄(しずい)まで虫歯に冒されています。何もしなくても激しい痛みを感じ、温かい物を口にしてもしみるようになります。 神経を取り除く根管治療(こんかんちりょう)を行います。
C3(神経まで達した虫歯)
C4(末期の虫歯) 歯冠がほとんど溶かされた状態です。神経が壊死して痛みは感じなくなっていますが、放置すると、歯の根の内部で炎症を起こし膿が生じ、再び激しい痛みに襲われます。 根管治療によって歯の根を残すこともできますが、歯根部も虫歯に汚染されている場合は、抜歯しなくてはならないケースがほとんどです。抜歯後は、入れ歯・ブリッジ・インプラントで歯を補う必要があります。
C4(末期の虫歯)
重度の虫歯には根管治療
重度の虫歯には根管治療

従来の歯科治療では、歯髄(しずい=血管や神経の集まったもの)まで症状が進行しているような重度の虫歯に対して、抜歯以外の治療法がありませんでした。しかし、抜歯は口腔内環境の維持に悪影響を与えるため、歯科治療技術の進歩とともに「歯を抜かない虫歯治療」として「根管治療」が重視されるようになり、現在では根管治療が主流になりつつあります。

歯がしみて痛むのは「知覚過敏」が原因かもしれません

歯がしみて痛むのは「知覚過敏」が原因かもしれません

虫歯になっていないのに、歯が痛んだりしみることがあります。この場合、知覚過敏の可能性が高いといえます。知覚過敏は、歯質の表面にあるエナメル質が摩耗して薄くなり下層の象牙質が露出することで起こります。象牙質には神経へ刺激を伝える象牙細管があるため、痛みなどの症状があらわれるのです。

原因としては、歯周病によって歯茎が下がったための歯質の露出、強すぎるブラッシングや食いしばりによる歯の削れなどが考えられています。いずれも放置すると虫歯になってしまうこともあります。痛みやしみる症状がある場合は、お早めに歯科医院を受診してください。

診療予約はこちらから
文字サイズ
標準
大
PAGE TOP