根管治療|松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」

  • お電話でのご予約047-360-6481
  • 千葉県松戸市|診療予約|東葛デンタルオフィス

根管治療

大切な天然の歯を抜歯せずに残す治療~根管治療~

大切な天然の歯を抜歯せずに残す治療~根管治療~

虫歯の治療は、虫歯によって溶かされた部分を削り取り、人工の素材で歯質を補う処置が基本になります。しかし、虫歯が歯の中を通る歯髄(しずい=血管や神経の通り道)まで到達してしまうと、歯質を補うだけでは症状を緩和することができません。感染し、壊死してしまった神経を取り除く根管治療(こんかんちりょう)が必要になります。根管治療は、歯の根の中まで及ぶため精密さが要求される治療です。こちらのページでは、千葉県松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」が、根管治療についてご説明します。

歯を残すための重要な治療~根管治療~

根管治療は、お口全体にとってリスクが高い抜歯を避けるために欠かせない治療法です。これまでは抜歯せざるを得なかったような重度の虫歯でも、歯の根っこを残せる根管治療によって歯を失うリスクを低く抑えられるのです。失った歯を人工歯で補う入れ歯やブリッジ、インプラントといった補綴治療が必要になりますが、時間も費用もかかります。

根管治療の流れ
STEP1感染した神経の除去
STEP1感染した神経の除去根管内から虫歯に感染した神経や血管などを除去します。取り残しがあると再発するおそれがあるため、慎重に行います。
矢印
洗浄・消毒
洗浄・消毒根管内に虫歯菌が残らないよう、洗浄・消毒します。
矢印
STEP3
薬剤充填
STEP3
薬剤充填根管内に薬剤を隙間なく充填し、新たに細菌が侵入することを防ぎます。
矢印
STEP4
土台づくり
STEP4
土台づくり歯の根っこに、被せ物の土台となるコア(芯)を立てます。
矢印
STEP5
被せ物装着
STEP5
被せ物装着土台の上に人工素材の被せ物を装着し、周囲の歯との干渉や咬み合わせを確認します。
専門医と連携を取って根管治療を行います

東葛デンタルオフィスでは、専門医との連携によるチームアプローチを行います。当院が中心となって治療計画を練り、根管治療専門医と連携して高度で精密な治療をご提供しています。当院の根管治療は、石井歯科医院の石井宏先生に担当していただいています。

石井先生のアドバイス
石井先生のアドバイス

根管治療が必要なケース

見た目にわかりやすい重度の虫歯だけではなく、次のような症状がある場合にも根管治療が必要となることがあります。

  • 冷たいものを口にするとしみる
  • 何もしていなくても激しい痛みがある
  • 歯を咬み合わせたときに痛みがある
  • 歯茎に腫れがあり、指で押すと痛い

根管治療を行った歯でも、内部で何らかのトラブルが起こっている場合があります。

既に根管治療を行っている歯 痛みはないが違和感がある
根管治療で神経を除去した歯でも、内部に膿がたまったり炎症が起こったりしている場合には再治療が必要になるケースがあります。以前の治療で感染した神経などを除去しきれていなかった、薬剤の充填が不十分で細菌が入り込んでしまった可能性があります。 通常、虫歯の進行につれて激しい痛みを伴うようになりますが、ごく稀に痛みがないまま虫歯が進行するケースもあります。こういった場合、痛みではなく「咬み合わせの違和感」が主な自覚症状となります。

虫歯が自然に治ることはありません。放置した虫歯は必ず悪化し、歯を失う原因になります。歯を失うことにはさまざまなリスクがありますので、早期に対処できるよう、お早めに当院へご相談ください。

症例紹介

症例紹介

根管治療でも咬み合わせを考えた治療を行います

根管治療でも咬み合わせを考えた治療を行います

千葉県松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」では、咬み合わせを重視した根管治療を行っています。虫歯治療での詰め物・被せ物の装着時はもちろん、根管治療の際にも咬み合わせを守ることを徹底しています。歯本来の「咬む」機能をきちんと回復させることが、お口の健康寿命に非常に重要だからです。

なにより重度の虫歯になる前の処置が大切です。虫歯の痛みでお悩みの方は、1日も早く当院へご相談ください。高い技術を持つ専門医が再発しにくい根管治療を行いますので、安心しておまかせいただけます。

診療予約はこちらから
文字サイズ
標準
大
PAGE TOP